シングルマザーの生活日記・娘の低身長記録

2015年8月に離婚し、シングルになった我が家。娘は2017年4月に成長ホルモン分泌不全性低身長と診断される。そんな我が家の自由奔放な生活日記!!

パルミコートの吸入を初めて、早5ヶ月。遂に、パルミコート中止に兆しが!そして、恐怖の時間が。。

calendar

ただいま、GW真っただ中ですね!

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

5月1・2日と休みをもらって、長期休暇・・・なんて方もいらっしゃるのでしょうか!?

わたしは暦通りのお休みなので、1・2日はお仕事です。。

GW前哨戦、3日間休んだら仕事行きたくない病発症です(‘Д’)

私の姉と妹は、暦通りの休みではなくシフト制なので「明日から仕事や~行きたくないわ~」と呟く私に、「お前は早く仕事行け」と( ゚Д゚)

 

くぅぅ、なんて冷たい姉妹だ!!😡←

 

とりあえず、GW後半戦を考えて仕事頑張ります( 一一)




小児科にて定期検診

 

普段はなかなか混んでいるけれど、アレルギー科は予約なのでスムーズに。

まずは、春。

一時期、調子が良くシングレア(飲み薬)すら飲まない日が続いていたのですが、冬にゼーゼーが出てから再度、飲み始めていました。

しかし今回、ゼーゼーもしばらく聞こえてないし、調子が良さそうだからとシングレア中止の声が・・・!!

もともと、症状が重く・・・という訳ではなかった春ですが、良い感じになってきているんだなと感じました^^

 

続いて、輝。

前回の定期検診から今回の定期検診までの間も、パルミコートの時以外で吸入したのはなし!!

そして、診察でゼーゼーは今回、聞こえず。

しかし5月には、こいのぼり運動会を控えており、悩む先生。。

結果は・・・!!

 

 

「運動会まで続けて、翌日からパルミコートは中止にしましょう」

 

 

やっ、やったぞーーー!!!

まだ半月ほどは続けないといけないけれど、5ヶ月続けたパルミコートに終焉が✨

ただ、「一度に両方は怖いから、シングレアは続けましょう」とのことでした。

まぁ、これは予想通りなので問題なし。

更にシングレアがジェネリックになり、輝の大好きなバナナ味になって、喜んで飲んでくれるので言うことなし!

 

地道に続けて、シングレアも中止になる日を心待ちにすることにします。

スポンサーリンク

パルミコートの副作用はどうだった?

パルミコートの開始時に、飲み続けると身長の伸びが悪くなると言われました。

男の子なので身長が低いと困るだろうという気持ちと、何より春が低身長で治療しているので、輝まで低くなったら・・・と心配でした。

当初の主治医の言葉や、輝の身長については下記の記事に記載しております。

喘息があまり良くならない・・・。遂に、予防吸入「パルミコート」を処方された!

そして、つい先日、保育園の身体測定がありました。

輝の現在の身長は・・・

 

「88.7㎝」

パルミコートの治療開始時より、3.4㎝伸びております!

 

約5ヶ月で3.4㎝・・・

春が標準的に伸びていた訳ではないので、今の月齢で5ヶ月で3.4㎝伸びると言うのが標準なのかそうではないのか、私には分かりませんが。。

でも、年少さんに上がって1回目の身体測定で88㎝あることに母は安心しております。

なんせ、春が88㎝に到達したのは、年少さんの12月頃だったので・・・💧

輝も2月産まれなので、他の子よりは少し小さいかも知れませんが、春よりはしっかり伸びているということは、ひとまず低身長ではないということ。

輝も低身長だったら・・・

 

正直とても心配していたので、本当に安心しました。

パルミコートも中止になるので、輝の身長については今のところ心配はないかな?と思っています。

おまけ

今回の定期検診時、春は年長。輝は3歳。

つまり・・・

 

春:麻しん風しん2期

輝:日本脳炎1期

定期検診なので、体調不良じゃない!!

それぞれ予防接種が出来る!!

 

前の日から「予防接種するよ。痛いけど、大切な事だからね」と伝え、無事に接種終了。

伝えていたから、文句も言わず、泣き言も言わず注射出来た

 

 

 

と言えれば良いのですが、そんな恰好良くはなく。

「注射嫌いー!身長の注射だけで良いー!」

「注射せんでええ?輝はせんでね??」

まぁ、注射が大好き💛という子どもでもない限り、そうなりますよね。。

 

注射をすることを伝えずに行くべきか、伝えて行くべきか。。

ここは意見の分かれるところではないのかな、と思います。

 

にっしー家は、基本注射をすることを伝えて行きます。

赤ちゃんの時は、サーっと連れて行ってチクッとして・・・でしたが、いろいろ分かるようになってきてからは伝えるようにしています。

 

「嫌だ、したくない、痛いの嫌い」

 

さまざまなことを子どもは言ってきますが、その中で子どもなりに注射をするということを受け入れてくれていると思うんです。

もちろん、「痛いの嫌だねー母さんも苦手よー」とか「怖いねーでも〇〇なら大丈夫!」と気持ちになるべく寄り添うようにはしています。

あと、どうして注射をするのか、注射をしないと病気にかかった時にどうなるのか、も伝えます。

 

それでもやっぱり、注射器を見た時は「嫌だ―」と言葉には出しますが、泣いて喚いて動いて大変!ということはないです。

輝も「こーわーいー」と泣きはしますが、注射を見て刺さる少しの間だけ。

むしろ、終わったら「輝は男の子やきね!強いきね!」とふんぞり返っています←

 

取り敢えず、これにて、春は就学前の予防接種は全て終了。

輝は、今月の定期検診の時、日本脳炎2期の予防接種をする予定。

 

2人とも、どうにか順調に予防接種が進んで、母の「あれ?次はいつ?どっちだっけ!?」もなくなってきました(笑)

大人になるまで、あと何度か予防接種があるけど、2人には頑張って貰いたいと思います!


にほんブログ村 子育てブログ 保育園児育児へ

ここまで読んで下さって、ありがとうございました。^^