シングルマザーの生活日記・娘の低身長記録

2015年8月に離婚し、シングルになった我が家。娘は2017年4月に成長ホルモン分泌不全性低身長と診断される。そんな我が家の自由奔放な生活日記!!

専業主婦・シングルマザーになる!~シングルマザーは不利なのか?仕事・就職の条件~

calendar

reload

専業主婦からシングルマザーになる。

そう決めても、不安なのは仕事が出来るのか。あるのか。

子どもを養っていけるのか・・・。

全てが不安ですよね。

人間、初めてのことは何でも不安になるもの。

特に自分だけでなく、子どもの未来も担っていくのだから、尚更のこと。

にっしー母はどんな風に探したか?

記録していきたいと思います。




仕事の条件

取り敢えず、生きていくためにはお金がいる。

お金を稼ぐには働かなくてはならない。

何でも良いから働きたい!というのが本音。

しかし、現実はそう甘くはない。

当時、2歳と0歳の子どもを連れて離婚した私。

ましてや、下の子は身体が弱いときた・・・。

頼れる両親も高齢なため、ずっと頼る訳にはいかない。

 

そこで、仕事探すのに条件を考えてみた。

・給料が良い

・職場が近い

・子どものことで融通がきく

・車通勤出来るところ

・9時~17時前後(何かあった時、夕方などに病院に連れて行けるように)

・土日祝休み

パッと思いついたのが、この6つ。

多すぎますよね・・・(-_-;)

 

でも一度、自分はどんな条件で探しているのか。

そして、自分の条件で見つからなかった場合、どれから外していくか。

それもしっかり考えて職探しをした方が良いです。

それから、近所のハローワークに行くことにしました。

ハローワークのイラスト(建物)

 

マザーズコーナー

だいたい、どこの県にも子どもがいながら働く人を応援するコーナーがあると思います!

高知県では「マザーズコーナー」と言います。

こちらから、各県のマザーズコーナーを探せます!!

マザーズコーナーでは、子どもが遊べるキッズスペースがあったり、保育士さんが居るところもあります。

マザーズ専門の相談員の方が居て、どんな条件でどういう職を探しているかも相談に乗ってくれ、伝えた条件で探してくれたりします^^

 

希望などで「土日祝休みがいいけど、求人は日祝休みだ・・・」という場合がありますよね?

そんな時、相談員の方が先方に電話してくれて「○○の条件だと受けたいという方がいるのですが・・・」など間に入ってくれることも!

家電・固定電話で話す女性のイラスト

自分では聞きずらい事も相談員の方が問い合わせてくれるので、気になる求人があるけどちょっと・・・という場合は、一度相談してみるのも手かも知れません!!

因みに、受けると決めるまで先方に名前が知られることはないので、聞きずらい事も聞いてもらうチャンスですよ!

私の場合、「年末年始の休みはどうなっているか」「お盆はあるのか?」「終業時間を多少前後することは・・・」など、さまざまな求人でいろいろなことを聞いてもらいました!

今後、採用されたら働くかも知れない場所。

「うわ~どうなってるんだ~?」と不安で行くより、少しでも疑問を解決して面接にも望みたいですしね!!

1対1の面接のイラスト(女性)

あと、求人を探す以外にも履歴書の添削などしてくれたりもします!

他にもマザーズコーナー発信のセミナーやミニ面接会など、いろいろタメになる催しがあったりするので、足を運んで見るのも☆

相談までは・・・と思ったら、求人検索だけすることも出来ますし^^

他にはどんなところで探したか

まず、保育士資格も持っているので下記のサイト。

いろいろな条件で検索出来て、パートも正社員も求人が多数ありました。

取り敢えず探したい・・・見てみたい・・・という場合は、登録は無料ですし、登録したから絶対ここから就職!!ではないので、一度ゆっくり見てみるのも良いと思います^^

続いて、リクルートスタッフィングと言うところ。

派遣ですが、やはり名高いリクルートということもあり、求人数がかなり多い!!

また職種は様々ありますので、自分に合った仕事が探しやすいですね。

派遣といえば、すぐに派遣切りにあうというイメージ・・・。

嫌な面接官のイラスト(就職活動)

確かに基本、3年程で一旦職場を退職しなければなりません。

しかし、改正労働契約法により少しずつ変わってきています。

2013年4月1日以降に有期労働契約を締結・更新した場合。

 

5年後の2018年4月1日から労働者は有期雇用契約を無期への転換を申し入れることができます。

有期雇用の契約が5年以上を超えた場合、無期雇用への転換が可能です。

ただしこれには、労働者の申し込みが必要となります。

該当期間中に申し込みをしなかった・・・!!

どうしよう・・・

 

 

それでも大丈夫!!!!

 

次の更新期間で申し込むことも可能です。

この権利を「無期転換申込権」といいます。

仕事の引き継ぎのイラスト

ただ、この権利を行使するには以下の3つの要件すべてを満たしていることが条件になります。

1. 使用する事業主が「同一」かどうか
2.契約の更新回数が1回以上
3.有期労働契約の通算期間が5年を超える 

そして派遣会社は、有期雇用の派遣労働者(雇用期間が通算1年以上)の希望に応じ、以下のいずれかの措置をとるよう努めなければなりません。

[1]無期雇用の労働者として雇用する機会の提供
[2]紹介予定派遣の対象とすることで、派遣先での直接雇用を推進
[3]無期雇用の労働者への転換を推進するための教育訓練などの実施

まとめ

一度仕事に就くなら、最後までそこで・・・!

そう思う気持ち、とても分かります。

しかし、私は離婚してから現在の職場まで2度転職しています。

最初に私が希望していた条件6つ。

・給料が良い

・職場が近い

・子どものことで融通がきく

・車通勤出来るところ

・9時~17時前後(何かあった時、夕方などに病院に連れて行けるように)

・土日祝休み

やはり、全てが可能ではなかったです。

近ければ給料が安い。

ちょっと遠くても、子どもの融通がききやすい・・・。

ほんと、たくさん求人があるので様々です。

 

そこで、私が最後に絞ったもの。

それが以下の4つの条件。

・給料が良い(これは可もなく不可もなく)

・車通勤出来るところ

・9時~17時前後(何かあった時、夕方などに病院に連れて行けるように)

・土日祝休み

以前は車で10分くらいだった勤務先でしたが、今は車で30分ほど。

給料は可もなく不可もなく、パートなので出勤出来たら出来た分、高い感じです。

勤務時間は9時~16時でピッタリ。

土日祝は完全に休みで、年末年始もお休みです。

風通しが良い職場のイラスト

そして入社してから分かったのですが、子どもに関してすごく融通がきく!!

いつ休んでもいいよ~子どもについててあげて~!

という感じで・・・これは嬉しい誤算でした^^

ただ1人事務なので、休んだら自分に後々返ってきますが・・・😨

道はいくらでもある!

就職したから、何があってもそこにいないといけない!という訳ではない。

イジメがあったり自分に全くあっていないのに、自分の心を殺してまで続ける必要はない。

 

探せばきっとあります!!

 

仕事に代わりはいても、お母さん(お父さん)に代わりはいません。

毎日のことなので、少しでも自分に合うお仕事を探して一緒に頑張りましょうね!!


ここまで読んで下さって、ありがとうございました。^^



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す