シングルマザーの生活日記・娘の低身長記録

2015年8月に離婚し、シングルになった我が家。娘は2017年4月に成長ホルモン分泌不全性低身長と診断される。そんな我が家の自由奔放な生活日記!!

低身長ー早期発見・早期治療が大切!子どもが困らないために親がいま出来ることー

calendar

reload

クリスマス、皆さんはどうでしたか?

お子さんにはサンタさんから素敵な贈り物が届きましたでしょうか?^^

春と輝にも、無事にサンタさんからプレゼントが届きました!


低身長は早く気付くほど、治療しやすい

「うちの子、同年代の子に比べて何だか小さいかも・・・」

「最近、身長の伸びが悪い・・・?」

「1つ下の学年の子と身長が変わらないような・・・」

もし、子どもの成長に不安を持ったらお医者さんに相談してみましょう!

問診のイラスト(女医・女性患者)

ただ身長が低いだけ・・・と思っていたら、実は病気だった!なんてこともあります。

成長を促すホルモンを出す脳や甲状腺、あるいは心臓や腎臓、肝臓、消化器官などの臓器異常などで低身長が起こっていれば、病気を治療していかなくてはなりません。

 

時間がかかる?

成長ホルモン治療は、開始してからしっかり効果が現れるまでに時間がかかります。

ときには10年かかることも・・・。

 

高校生になってから始めたのでは、効果がしっかり現れる前に骨が成熟してしまい、身長の伸びが期待できなくなる可能性があります。

低身長が軽度の人は、成人身長も高くなり成人身長が正常化する割合が高い。

つまり、早期に発見して低身長が軽度なうちから治療を開始することがとても重要になってくるのです!!

感心している人のイラスト(女性)

早期発見のために出来ること

子どもが小さいかも?成長が遅れてきた・・・

そう感じたら、母子手帳や保育園の身体測定の記録などを見てください。

そして、下記の成長グラフ曲線に身長を記してグラフを作ってみてください。

男の子:0~24ヵ月0~6歳

女の子:0~24カ月0~6歳

身長の伸び方を観察することは、とても大切です!

「急に身長の伸びが悪くなった」「標準から離れていってる」という場合は要注意です!!

 

例えば、産まれた時に仮死状態・難産だった赤ちゃんが乳児期に低身長だった場合。

出産時に脳の下垂体が傷付けられて、成長ホルモンの分泌低下を招いていることがあります。

ひきつけ・痙攣をおこしている赤ちゃんのイラスト

また、産まれた後に黄疸が強かったり、黄疸が長引いたりしたことがある場合。

成長ホルモンか甲状腺ホルモンのいずれか、もしくは両方のホルモンの分泌が不足している可能性があります。

一生のうちで最も成長率が高いのは、乳幼児期です。

その乳幼児期の時に、「あれ・・・?」と思うことがあれば、受診するようにしましょう。

お医者さんより誰より、いつも子どもの傍にいるご両親が子どものことを良く知っているのです!

検査の方法

外来での検査

・問診、診察
この時、必ず母子手帳や保育園・幼稚園の身体測定記録などを持参してください!!

医師は、持参した成長記録から成長曲線を作り、低身長の程度を判断します。
そして、出産時の様子・既往歴・食生活・身長・体重の計測・身体的特徴などを診察します。

・レントゲン検査

骨の成熟度(骨年齢)を調べるために、手の骨のレントゲンを撮ります。

正常身長のお子さんは骨年齢と年齢はほぼ一致しますが、低身長の子は年齢に比べてやや骨年齢が若いのが特徴です。
(春の場合、実年齢は4歳だけれども、骨年齢は3歳半でした。)

・尿検査、血液検査

全身的な病気の有無を調べるために、尿検査や血液検査を行います。
血液検査では、各種ホルモンも検査します。

タオルで固定されて注射を受ける子供のイラスト

さらに詳しい検査

・成長ホルモンの分泌刺激試験

成長ホルモンの分泌を促す薬剤(インスリン、グルカゴン、アルギニン、クロニジン、L-ドーパなど)を投与した後、採血をして成長ホルモンの分泌量を調べます。

この検査は、少なくとも必ず2種類の負荷試験を行います!

春も2種類の検査をしました。

そのことについて「低身長 クロニジン負荷試験」「クロニジン結果・アルギニン負荷試験」「アルギニン負荷試験の結果 低身長」に詳しく記載しています。

・その他の検査

下垂体から分泌される他のホルモンや、副腎のホルモン、甲状腺ホルモン、尿中の成長ホルモンなどの検査を行うほか、頭部のMRI検査を行う場合もあります。

入院のイラスト「ベッドと点滴」

結果次第で治療開始

最初の外来から始まり、2種類の負荷試験の結果全てが出るのが早くて1か月ほど。

すべての検査の結果から、成長ホルモン治療を開始するかどうかを判断します。

まとめ

まずは子どもの成長に疑問をもったら、今までの成長記録を見返してください。

 

もっと小さいころの身長はどうだったか。急に成長が悪くなった時期はないか。

そして、成長グラフ曲線でグラフを作成し、SD値を確認してみてください。

「そのうち伸びるだろう」ではなく、しっかり把握しておくことが大切です!

受診して病気じゃなく健康体であれば、安心もしますし(^^)/

病院の待合室のイラスト

☆豆知識☆

成人身長に影響を与える要因として、思春期発来の時点における身長が挙げられています!

思春期が訪れた時点で身長の高い子どもほど成人身長が高く、低い子どもは成人身長も低い傾向にあるそうです。

子どもの頃に身長の高い子どもは、思春期に入ると他の子よりも高い身長で成長スパートを迎えます。

つまり、思春期が終わる頃には他の子よりも身長が高くなるのです。

 

じゃあ低い子はずっと低いままか・・・。

 

そんなことはありません!!

 

身長の高い子どもは、思春期が早く始まる傾向があります。

変わって、身長の低い子どもは思春期が遅く始まる傾向があります。

と言うことは・・・

身長の高い子ども➡思春期開始時の身長が少し低い分、成人身長が少し低くなる傾向。

身長の低い子ども➡思春期開始までに身長を伸ばして、他の子に追いつこうとする傾向。

このことから、先に身長を伸ばすか、後から伸ばすか違いなのです!!

身長の低い子どもには、思春期を遅く到来させて結果的に身長を高くしよう!という潜在能力が備わっているのです^^

人間の身体って本当に不思議ですよね✨

※成長や思春期発来にも個人差があります。


ここまで読んで下さって、ありがとうございました。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す